岡山 西川緑道公園 周辺 遊びと学びの天国こどもホコテン 


 岡山市中心部の西川緑道公園筋を歩行者天国にする「ホコテン!」(実行委、市など主催)が23日午前11時〜午後4時に開かれる。2017年度に計5回予定する事業の第2弾。夏休み中に開催することを踏まえ、「遊びと学びの天国こどもホコテン!」と銘打って子ども向けの多彩なイベントを展開する。 県庁通り—桶屋橋南約240メートル区間の西側市道を歩行者天国にして、同公園と一体的にイベントを展開。飲食・休憩▽ステージ▽遊び・体験▽買い物—の4ゾーンに分け、グルメや音楽などを満喫できる。遊び・体験では、ザリガニ釣りやバルーンアート、ポニーとの触れ合いといったコーナーを設ける。 子どもたちが外遊びを楽しめる「西川・キッズ・夏物語2017」(市など主催)も同公園で午前10時〜午後2時に開催する。 ホコテンの問い合わせは西川緑道公園筋歩行者天国事務局(080—4553—2659)、同夏物語が市庭園都市推進課(086—803—1395)。

//////
岡山西川緑道公園筋で「こどもホコテン!」 夏休み最初の思い出作りに


 岡山市中心部にある西川緑道公園筋で7月23日、ワークショップやグルメが楽しめるイベント「こどもホコテン!」が行われる。



 本年度2度目の開催となる同イベント。当日は、本町プラザ前から県庁通りまでの約230メートル区間を自動車通行禁止エリアにして歩行者天国にし、夏休み最初の思い出作りとなるよう、子どもが楽しく学べる体験や遊び企画を用意する。

 会場は「たべる・やすむ」、「ステージ」、「おかいもの」、「あそび・たいけん」の4つのゾーンで構成する。同イベント実行副委員長の岩戸久美さんは「これまで西川では大人向けのイベントが多めだったが、今回は子どもが主役となり楽しめるよう工夫した」と話す。「出店者は地元の保育園、サークル、学生、福祉事業所などさまざま。街中の公園で来場者と交流できることも楽しみ」とも。

 「あそび・たいけんゾーン」では12団体がブースを並べる。「就実大学児童文化部」が新聞プールとスーパーボールすくい、「岡山理科大学化学ボランティアセンター」が空気の実験、「ふじたなかよしサークル」が南京玉すだれ、「閑谷ワークセンター・せと」がロボット制作実演とザリガニ釣りなどを展開する。

 「たべる・やすむゾーン」は、歩行者天国の路上に飲食販売ブースが10店並ぶ。ラインアップは、「ココレカフェ」のクレープ、「野菜食堂こやま」の大豆ミートの竜田揚げ、「菜食印度カレーいなほ屋」のカレーなど。沿道にある4店でもオープンカフェ営業を行い、「ナチュルレモン」がワイン、「池田促成青果ラボ」が冷やしラーメンを販売するほか、イタリア料理店「IL Bruschetta(イル ブルスケッタ)」、創作料理店「AGURA DINING(アグラダイニング)」が出店する。

 会場の南側、県庁通りからあくら通りの間では「西川・キッズ・夏物語2017」を開催する。「緑の探検隊」、「木片を使ってあそぼう」、「緑のポットを作ろう」などのワークショップを行う。

 開催時間は11時〜16時。小雨決行。自動車通行および自転車乗り入れ禁止時間は10時〜17時。

//////
参考

//////